IT Trend news

IT企業に勤める30代の中堅社員です。 ITのトレンドや個人的に気になったことを紹介します。

IT雑談 ガジェットレビュー

格安ライフロガー XiaomiのMiBand2の紹介

以前、フェアらブル端末の分類をしてみましたが、管理人はMiBand2というライフロガーを使っています。今回はこのMiBand2について詳細を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Xiaomiってどんな会社

まず、ガジェットに精通している人でないとXiaomiという会社は聞きなれていないと思います。Xiaomiは2010年に設立された中国の総合家電メーカーです。当初はスマートフォンのみを製造するメーカーでしたが、最近は経営方針をシフトし、ロボットや家電の製造を行っています。

MiBnad2の外観

まずは同梱物を見ていきましょう。img_20161009_152605

段ボールに毛が生えた程度のシンプルな箱に、本体、バンド、充電ケーブルの質素な構成です。充電ケーブルはMiBand2専用のもので、替えが利かないので紛失に注意です。

img_20161009_152652

左の楕円形のものが本体で、バンドは付属として、1本ついてきます。中国内ではサードパーティ制のバンドも販売されているようです。

 

MiBand2の機能

MiBnad2の機能を使用するためには、スマートフォンとのペアリングが必須となります。スマートフォンにMi Fitというアプリをインストールすることで、MiBnad2でロギングしたデータを参照することができます。なおスマートフォンを開かなくても、簡易液晶画面を備えているため、その日のデータをMiBnad2のみで確認することができます。

時計機能

MiBand2が腕時計代わりになるのでとても便利な機能です。MiBand2のタッチセンサを一回触ると現在時刻が表示されます。

img_20161009_152951

歩数計、消費カロリー確認機能

一般的な歩数計の機能と同等です。Mi Fitアプリを使用することで、何時から何分間歩いて、どれだけカロリーを消費したかを確認できます。

screenshot_2016-10-09-15-43-57-396_com-xiaomi-hm-health

 

心拍数測定機能

MiBand2の裏側にセンサが付いており、これを利用して心拍数を測定することができます。ただし、相当腕に密着させていないと測定できないようで、おまけ程度にとらえたほうがよさそうです。

 

アプリ通知連携機能

個人的にこれが一番便利だと思っています。LINE、メール、電話といったスマートフォンの通知を振動で通知してくれます。振動は強めなので。まず気が付きます最近は6インチクラスのスマートフォンも増えてきており、普段はカバンの中にしまっているという人も多いのではないでしょうか。そんな場合もMiBand2を装着しておけば、大事通知を逃すことがなくなります。

気になるお値段は

これだけの機能がついてなんと値段は5,000円以下です。国内販売モノで同等機能のものを探すと、10,000円は超えているものがほとんどです。管理人はAliExpressのセールで購入しましたが、いまなら日本のAmazonや楽天でもとりあつかいをしている業者がいるみたいなので、そこから購入するのが良いと思います。

【あす楽】Xiaomi 2 MiBand2 最新 OLEDディスプレイ タッチ操作 スマート心拍計 フィットネストラッカー 軽量 IP67防水防塵 活動量計 歩数計 睡眠計 Bluetooth4.0ワイヤレススポーツブレスレット連続動作 敬老の日

価格:4,890円
(2016/10/9 16:14時点)
感想(2件)

-IT雑談, ガジェットレビュー